2020.04.25 自衛隊は島々にウイルスを持ち込むな!官邸前4.25アクション

自衛隊は島々にウイルスを持ち込むな!官邸前4.25アクション

4月25日(土)14時 首相官邸

呼びかけ : 琉球自衛隊配備反対アクション


https://twitter.com/nobase_ryukyuko
090-1219-4519 クリハラ

--------------------------------------------------

宮古島「結団式」強行抗議!
・部隊から感染者を出した自衛隊は南西諸島から総撤収しろ
・新基地建設事業を即時停止しろ
・すべての海外派兵部隊・隊員を即時帰国させろ

--------------------------------------------------

 4月5日、宮古島陸上自衛隊は、部隊編成完結行事を実施しました。
基地建設工事も完了していないなかでの既成事実つくりのイベントとしか言いようがありませんが、陸自宮古島の医師会が「コロナリスクを拡大させる可能性がある」として、中止を求めていたのに対して、式典は強行されました。

そして、この式典の直前に熊本から宮古島に出張していた自衛官のコロナ感染が発覚、4人の宮古島の隊員が自宅待機を命じられるという事態になりました(4人はすでに職務復帰という説明)。

反対の声を押し切っての「式典」の強行、それによって宮古島医師会の指摘通りに感染を拡大させかねない状況を作り出したことも問題ですが、なによりも政府自衛隊は熊本から来たコロナ陽性の自衛官の在島中の足跡りを「軍機」として公表していないことが最大の問題なのではないでしょうか。
そして、全市民の外出自粛が呼びかけられている石垣島でも、自衛隊基地建設工事は続けられています。

これは、軍の都合で沖縄戦時に住民を強制移住させて大量のマラリア感染死を出した歴史さえほうふつとさせるものと言わざるを得ません。
またしても、「軍隊は住民を守らない」という沖縄戦の教訓が証明されてしまいました。

言うまでもなく、ウイルスは島の外から持ち込まれるものです。政府機関によってそれがもたらされることはもはや権力による人災であり、国家犯罪そのものです。

辺野古の新基地建設事業は、工事関係者のコロナ感染の発覚で現在のところ、工事は停止しています。
同様に、政府自衛隊は「全南西諸島駐屯地の即時閉鎖と速やかな総撤収」「南西諸島におけるすべての自衛隊基地建設事業の即時停止」を実行するべきです。

私たちは、島の人々が政府自衛隊によってコロナリスクにさらされている状況を黙って見ぬふりをすることはできません。

また、ソマリア「海賊対策」でバーレーンに派遣されていた自衛官もコロナ感染が確認されました。
すべての海外派兵部隊・隊員を即時帰国させるべきです。

行動当日は、参加者の皆さんと話し合いながら安全確保を図り、抗議の声をあげていきます。

 

--------------------------------------------------

 

 

 

2019.11.03 宮古島のミサイル弾薬庫建設を中止させよう! 11.3官邸前アクション

宮古島のミサイル弾薬庫建設を中止させよう 11.3官邸前アクション
〜「戦争法」に反対した人はぜひ南西諸島の自衛隊配備に反対の声を〜

11月3日(日) 首相官邸前 16時~

呼びかけ・琉球自衛隊配備反対アクションhttps://twitter.com/nobase_ryukyuko/

090-129-4519 栗原

-----------------------------------

戦争法強行採決から、4年。
「戦争できる国づくり」「壊憲」は進んでいます。
その最先端が南西諸島=奄美大島宮古島石垣島などの島々です。

4年前、「戦争法」に反対したすべてのみなさま、「壊憲」に反対したすべてのみなさま、南西諸島の自衛隊配備に反対してください。
関心を寄せてください。

9条改憲を目論む人たちは、中国の軍事脅威を強調します。
そして、南西諸島の自衛隊が「日本を守るために」必要不可欠だ、自衛隊を合憲化すべしと強弁します。

しかし、自衛隊配備が「日本を守るため」「南西の島々を守るため」「中国の脅威に日米共同で備える」というのは、すべて偽りの説明でしかありません。

安倍政権は、アメリカの軍事戦略のため、そして9条改憲のために南西諸島の島々を軍事要塞にしようとしているのです。

軍事緊張を先に仕掛けたのはアメリカです。中国に対する海洋封鎖戦略を仕掛けました。
中国も海洋封鎖されないように軍備増強で対応する、それを日米が「中国の脅威」と危機を煽ってさらなる軍拡を目論む、9条改憲を煽る…それが本当の構図です。

もし、南西諸島近辺で「小競り合い」を起こして「中国の脅威」を煽りまくれば、多くのマスメディアも9条改憲派になだれ込んでいくでしょう。
安倍政権はそこまで計算しているはずです。

南西諸島の自衛隊の問題に関心を持ってください。現地で、たいへんな想いで抵抗している人々に心を寄せてください。
今、宮古島では、保良 (ぼら) 地区での弾薬庫建設計画に抗う住民の方々がおります。
宮古島では今年春に駐屯地が開設されましたが、弾薬庫 (ミサイルの保管場所) がなければミサイル部隊の配備は行なわれません。
ですから、弾薬庫建設を阻止すればミサイル配備を止められるのです。

9条を守るためにも、南西諸島の自衛隊配備・増強を阻止していきましょう。
もちろん、島々の人々にこれ以上苦しみを強いてはいけません。そのためにも、ヤマトに住む私たちが立ち上がり、阻止していきましょう。

 

------------------------

 

2019.09.28/10.04 〜宮古島自衛隊基地の拡張許さない〜 保良地区弾薬庫建設反対! 2週連続アクション

宮古島自衛隊基地の拡張許さない

保良地区弾薬庫建設反対! 2週連続アクション

 

9/28(土)首相官邸前14時

10/4(金)国会正門前19時

 

呼びかけ・琉球自衛隊配備反対アクション

https:// twitter.com/nobase_ryukyuko

 

-----------------------------------

 

今年2019年4月に、陸自宮古島駐屯地が発足したばかりの宮古島にかねてより言われていた、

宮古島保良地区への「弾薬庫」建設計画が、ついに現実味を帯びてきています。

新聞報道によれば、この10月にも着工かと言われています。

 

宮古駐屯地と言えば、駐屯地の発足直後に住民への説明なく「誘導弾」が置かれ、それを島外に搬出したという発表が沖縄防衛局よりありましたが、しかし住民が本当に搬出されたのかの確認を防衛局は拒否しています。

 

与那国駐屯地でも、「弾薬庫」を「貯蔵庫」と説明し、その後「当たり前だから説明しなかった」と住民に対し誠意のない"釈明"を行っています。

 

また、奄美駐屯地では今、日米合同訓練「オリエント・シールド19」が行われ、自衛隊だけでなく米軍までが一緒に演習を行い、軍用機が飛び回っている様子が現地より報告されています。

 

こうして事前には説明せず、後から見えないところで基地というものは肥大化していきます。

そして、表向きは「自衛隊」基地であっても、米軍も共同で使用しその逆もまたしかりです。

 

さらに宮古島では9/1に防災訓練と称し、空自のC2輸送機があの下地島空港を使用しました。

下地島空港と言えば、あの「屋良覚書」で軍事利用はしないという取り決めをした空港です。

 

沖縄県は「応戦や戦闘訓練での使用は許されないが、人命救助が目的ならば問題はない」としていますが、はたしてこれは許されるのでしょうか?

 

軍用輸送機は災害救助での利用であっても軍用輸送機でしかなく、人命救助は本来それを専門とする組織を置けば十分であるはずです。

 

災害救助専門の部隊を置かず、それを自衛隊に肩代わりさせることで住民を慣れさせていく、

防災訓練での自衛隊の参加が目立つ最近は、そうした流れにも特に反対していくべきではないでしょうか。

 

保良に弾薬庫をつくるな!

石垣への基地建設をやめろ!

自衛隊宮古・与那国・奄美から自衛隊基地を撤去しろ!

日米共同訓練反対!

必要なのは軍隊よりも災害救助隊だ!

 

ぜひ、みなさんも一緒に、声を上げていきませんか?

 

-----------------------------------

 

 

 

2019.07.22 ~イラン侵略戦争許さない~ ホルムズ海峡に自衛隊を送るな!7.22緊急アクション

~イラン侵略戦争許さない~

ホルムズ海峡に自衛隊を送るな! 7.22緊急アクション

 

7月22日 (月) 19時~ 首相官邸

 

呼びかけ : 琉球自衛隊配備反対アクション

https://twitter.com/nobase_ryukyuko/

 

----------------------------------------------------

 

2015年の安保法制をめぐって、当時政府自民党が「自衛隊を派遣する想定例」として挙げていた「ホルムズ海峡への自衛隊派兵」が現実味を帯びています。

 

7月9日、アメリカ政府は米軍統合参謀本部議長の談話として、ホルムズ海峡および紅海入口のバブ・エル・マンデブ海峡の船舶の安全確保のためと称して、「有志国軍」を結成して同海域に展開する方針を表明し、「二、三週間のうちに決定したい」としています。

 

言うまでもなく、そのなかではっきりと日本に対して、参加を打診しています。

 

アメリカとイランの対立関係の中で打ち出された「有志軍」構想ですが、イランでの戦争危機を高めているのは、言うまでもなくアメリカによる「核合意の離脱」です。

 

和平に向けた話し合いの席を蹴りながら、一方的に経済制裁を強化し、「有志軍」によってイラン周辺海域を制圧して、軍事力でイランの船舶の航行を制限しようとするのは、戦争挑発の日常化であると考えざるを得ません。それはレーガン政権以来のアメリカ政府の悲願である「軍事力によるイラン政権の打倒」という最終目標への着手となるでしょう。

 

こんなアメリカの身勝手なやり方に、日本政府が応じて自衛隊をホルムズ海峡に送って、イランへの侵略戦争開始に荷担することは絶対に許されません。

 

また、紅海バブ・エル・マンデブ海峡側でも、内戦が続くイエメンをはじめ、軍事的な緊張が高まっている状況です。そして、自衛隊が軍事基地を置いているジブチの直近にバブ・エル・マンデブ海峡はあり、自衛隊基地が文字通りの最前線基地となるでしょう。

 

私たちは、「琉球弧(南西諸島)に新しく作られる自衛隊基地はグローバル派兵の出撃基地になる」という考えから、自衛隊の再編配備に反対してきました。そして、琉球弧の新たな自衛隊基地をステップにして飛び立ち、ジブチ基地を中継して自衛隊か中東・アフリカにおいて展開していくことに反対するために、「ジブチ基地撤去」のための行動も行ってきました。まさにその懸念が現実化しつつあるのが、こんにちの状況です。

 

かつての中国侵略も、元は西欧帝国主義列強と肩を並べて始められたものです。

また、世界を現在においても混乱させている元凶であるイラク侵略戦争とそれへの戦争協力という恥ずべき歴史をまたも繰り返していいのでしょうか。

 

侵略戦争を繰り返させない!荷担させない!

 

自衛隊をホルムズ海峡およびバブ・エル・マンデブ海峡に送るな!

ジブチから自衛隊は撤退しろ!シナイ半島に送った自衛官を帰国させろ!

 

ともに声をあげましょう。

 

---------------------------------

 

 

2019.03.23 -石垣島工事着工・宮古島&奄美大島基地運用開始を許さない- 自衛隊新基地はあってはならない3.23アクション

-石垣島工事着工・宮古島&奄美大島基地運用開始を許さない-

  自衛隊新基地はあってはならない3.23アクション

 

3月23日(土)15時〜 首相官邸

 

呼びかけ : 琉球自衛隊配備反対アクション

https://twitter.com/nobase_ryukyuko

 

この3月、琉球弧(南西諸島)における自衛隊配備計画は、重大な局面を迎えています。

 

石垣島では1日、とうとう平得大俣地区での自衛隊新基地の着工を強行しました。

 

市議会が住民自身の請求による住民投票条例の請求を否決したとはいえ、まだ議員による発議が準備されているさなかの工事強行です。

 

そして、政府防衛省は水源地の上での基地建設工事の環境アセスメントの実施を拒否して、まさに「既成事実作り」のための住民無視・地域自治無視の着工を断じて許すことはできません。

 

また、3月26日に奄美大島宮古島自衛隊新基地の運用が開始されようとしています。

すでに宮古島自衛隊敷地では、陸自部隊の車両が入り始め、まさに「進駐=占領」の様相であると現地から伝えられています。

 

また、奄美大島では新基地運用開始を記念する市中パレードまで計画されています。

 

「3月26日」がどんな日かと言えば、太平洋戦争で米軍が慶良間諸島に進行し、沖縄戦が実質始まった日です。

 

そんな日に、自衛隊新基地の運用を開始し、島を席捲・占領するかのように振舞う。

これははたして、何度目の「琉球処分」なのでしょうか。

 

自衛隊配備計画は、さらに宮古島景勝地・東平安名岬にほど近い保良地区で弾薬庫と海保の射撃訓練場の建設をもくろみ、また馬毛島では基地建設のための用地を取得して、日米軍のための利用できる施設にしようとしています。辺野古の新基地もまた、自衛隊利用のためでもあり、琉球弧の諸基地の「前線司令部」的役割をはたすのではないかと疑われています。

 

安倍政権の一連の大軍拡政策によって、不要なミサイル等の武器置き場にされ、そして琉球の島々をアジア・太平洋・中東・アフリカへの軍事的進出拠点にしようというのが、現在の自衛隊配備計画です。すでに、那覇からアフリカに海自哨戒機が飛ばされています。アフリカ・ジブチ自衛隊拠点=基地は恒久化されようとしています。

 

私たちは「軍事大国化の負担を琉球弧に押し付けるな!」「侵略の前線基地建設を許さない!」の声を上げていきます。

 

それは同時に全国の反対運動と連帯して「琉球弧にもヤマトにもオスプレイもイージスアショアもいらない!」を上げることだと考えます。

 

住民自治と豊かな自然と東アジアの平和への歩みを破壊する自衛隊の新基地はどこにもあってはならない!

 

ぜひ、ご参加ください。

 

2018.11.03 侵略戦争訓練「鎮西30」・ジブチ恒久基地化反対! 自衛隊の侵略軍化NO!11.3アクション

 

侵略戦争訓練「鎮西30」・ジブチ恒久基地化反対!

自衛隊の侵略軍化NO!11.3アクション

 

11月3日(土)16時〜首相官邸

 

呼びかけ:琉球自衛隊配備反対アクション

https://twitter.com/nobase_ryukyuko/

090-1219-4519 栗原

 

 種子島での日米共同訓練や各地での米軍・陸自オスプレイや地上イージス配備等にも抗議・反対するアクションにしたいと考えています。

ぜひご参加ください。

-----------------------------------------------------

 

集団的自衛権(戦争法)」

「南西諸島への自衛隊配備」

「水陸機動団(日本版海兵隊)」

佐賀空港オスプレイ配備」

「イージス・アショア」

ジブチ基地恒久化」

「敵基地攻撃能力」

 

ここ数年、自衛隊をめぐる状況は一気に様変わりしつつあります。

 

2015年の「戦争法」成立後、雪崩を打つかのように自衛隊が「軍隊」としての機能を増しつつあります。

 

自衛隊憲法9条に違反しないための建前として掲げてきた「専守防衛」はどこへ行ってしまったのでしょうか。

そういう風に感じている方も多いのではないでしょうか。

 

陸上自衛隊の南西諸島=琉球弧への配備とセットとである水陸機動団=日本版海兵隊の創設といった、

いわゆる「南西シフト」が進められています。

 

水陸機動団は、名目上「島嶼侵攻事態対処能力の向上」を掲げていますが、しかしその訓練の内容といえば

「上陸作戦」や「市街地戦」が主であり、また米海兵隊とも合同で訓練を実施しています。

 

今行われている、陸上自衛隊の西部方面隊による実働演習「鎮西」においても、昨年は自衛隊の基地のみではなく、

「基地ではない」場所でも自衛隊員が銃を構え訓練をする、という光景がもはや当たり前の光景となっています。

おそらく今年もまた同様の訓練が行われることでしょう。

 

これらの訓練は、はたして本当に「島嶼防衛」のためのものなのか。

占領地に上陸し、市街地で戦うということは、見方を変えれば「敵地に上陸して占領する訓練」と見ることも出来ます。

 

そうした「侵略」=「正真正銘の軍隊」として変わり続ける自衛隊

 

さらには、以前より存在していたジブチにある自衛隊基地を、恒久化するという話も持ち上がっています。

建前であったとはいえ、「専守防衛」であるはずの日本が、遠く離れたアフリカに基地を持つとはどういうことなのか?

 

今、陸上自衛隊のミサイル基地建設が進む宮古島の千代田地区で、その予定地からすぐそばに住む方がいます。

その方は、目の前で進められている自衛隊配備について、こう述べています。

 

「基地にはミサイルが配備されることになっている。それは専守防衛ではなく攻撃型の基地になる。自分の生まれたところが戦争を始める基地のある場所になることが非常に嫌」

 

私たちも、この言葉をかみしめ、「南西諸島にも、海外にも自衛隊の基地はいらない」

そうした声を、強く上げていく必要があるのではないでしょうか。

 

ぜひ、一緒に声を上げていきましょう。

 

---------------------------------------------------

f:id:nobase_ryukyuko:20181102220558p:plain

f:id:nobase_ryukyuko:20181102222219p:plain

https://twitter.com/nobase_ryukyuko/status/1052649711193088000

https://twitter.com/nobase_ryukyuko/status/1052649711193088000

https://twitter.com/nobase_ryukyuko/status/1052648178590265344

2018.09.07 9.7沖縄戦終結の日 琉球弧に自衛隊=日本軍はいらないアクション

f:id:nminato:20180828205316j:plain

9/7 (金) 19時より、国会前にて自衛隊配備への抗議を中心にした行動があります。
ご参加可能な方は、是非ともご参加ください。

--------------------------------------

9.7沖縄戦終結の日
琉球弧に自衛隊=日本軍はいらないアクション

9月7日(金)19時〜国会正門向かって右岸

呼びかけ・琉球自衛隊配備反対アクション
https://twitter.com/nobase_ryukyuko/

 

侵略戦争繰り返すな!
■日本軍の琉球住民虐殺を忘れない!
■東アジアの平和を!

今年2018年は「明治元年」(1868年) から満150年の年に当たります。政府は「明治150年」と称して様々なイベントを開催しています。

アイヌ民族への差別支配と琉球併合を始まりとする日本のアジア侵略はアジア各地を火の海にし、最終的に沖縄戦そして「本土」空襲と広島・長崎への原爆投下という破局的破壊と住民の多大な犠牲(日本軍による虐殺を含む)をもたらしました。

沖縄-琉球列島において日本軍と米軍が正式に戦闘終結の調印をした9月7日、二度と侵略戦争を繰り返させない、琉球の島々を侵略戦争の前線基地にも犠牲にもさせない、だから自衛隊配備に反対する、の意志を国会前で示しましょう。

自衛隊配備計画の現状〜

「予てより防衛省から要請のありました石垣島への陸上自衛隊駐屯地配備計画について、 南西諸島圏域の防衛体制・防災体制の構築のために石垣島への部隊配備の必要性を理解した上で、それを了解し、今後は石垣市として同計画案への協力体制を構築」

2018年7月18日、事前に報道機関に連絡もなく、急遽行われた会見。その場で、中山石垣市長は自衛隊配備について事実上の受け入れを表明しました。

石垣島では、自衛隊配備の予定地となる周辺地区は、すべて「反対」の決議をあげていますが、しかし市長は住民とも話をしようとせず、アリバイづくりの住民説明会を開催し、準備は整ったとして受け入れを表明しました。

9月には石垣市の議員選挙を控えている状況での、このタイミングでの「受け入れ」表明。断じて許すことは出来ません。

あわせて、陸自配備予定地の入札も始まり、ついに石垣島でも予断を許さない状況になりつつあります。

そしてついに8月3日には、宮古島第二の自衛隊配備となる、城辺保良地区への陸上自衛隊の訓練場建設のためとする入札が沖縄防衛局にて広告されました。

保良地区は、自衛隊配備について「反対」決議をあげています。しかし、そのなかにあってもなお配備に向けた動きが進められています。

また、宮古島の千代田や奄美大島で進められている自衛隊基地建設も、2019年3月の完成を目指して急ピッチで工事が進められています。

完成まであと半年ということもあり、空からは着実に出来上がりつつある「基地」としての姿が見え始めています。

地元の人々の不安に応えることもなく一切無視され、その中で進められる自衛隊配備。

「本土」の私たちは、この事実にどう向き合っていくべきでしょうか?

この南西諸島=琉球弧の島々が「戦争の前線基地」化され、「戦争法」が成立した今、将来的にはここから戦場へ人やモノが送られるかもしれません。すでに「ソマリアでの海賊対策」と称した軍事行動のために、那覇から海自哨戒機がアフリカに向けて飛び立っています。

それをわたしたちは見過ごしていてよいのでしょうか?

「本土」から、「戦争のための基地はいらない」という声を上げていきませんか。

東アジアの平和の実現のために!

--------------------------------------

 

 

 

www.youtube.com

(元)

18⭐9.7沖縄戦終結の日 琉球弧に自衛隊=日本軍はいらないアクション ◆呼びかけ 琉球弧自衛隊配備反対アクション - 雪白の光☆ (@chikapin1) - TwitCasting